カテゴリー別アーカイブ: 撮影テクニックについて

屋外での花の撮影についてのテクニック

私は写真撮影が趣味です。

風景や自然や季節の花などを主に撮っています。

屋外での撮影にもライティングは重要なのは当然です。

屋外では、季節によって晴れている日でも、光の強さが異なり、室内と違う経験も必要です。

風景や自然は、逆光にならぬように撮影すればそれなりの写真は撮影できます。

もちろん、芸術性の高い写真をものにするには、様々な時間帯の光やテクニックを駆使する必要はありますが。

花の撮影に関しては、晴天のライティングより、薄曇の方が良いと言われますが、
これにこだわることなく、斜め前方から差し込む光によって、花が浮き立つこともあり、
積極的に様々な光線を切り取る事を試すのも面白いものです。

ライティングのテクニックとは別に、花の撮影では一眼レフカメラの特徴を
最大限活用するテクニックが楽しみの一つです。

それは花をアップで撮影するとき、背景を一眼レフカメラ特有のボカシを使って、
その花を浮かび上がらせる撮影方法です。自然の中での撮影ではボカシの背景の色や
ぼんやりとした模様は自由に変える事が出来ません。

その花と、ボカシのバックのコントラストを考え、同じ花を様々な場所や角度で撮影し、
選択する以外にありません。これがまた、花の撮影が飽きない理由の一つです。

青色系の花は、どんなバックでも綺麗に写り、写真が映える花ですが、
白い花はバックのボカシの色や模様で、出来栄えが全く異なります。

花の色とバックのボカシの色の相性を探るのも楽しいものです。

さらに、花の撮影では、空をバックにした写真も良く撮られます。

同じ青空でも、季節によってその青の深さが異なり、季節感のある花と、
その季節特有の青空のコントラストを楽しむのも良いでしょう。

余談ですが、青空をバックにして花を撮影した際に、
一眼レフの欠点であるミラーや撮像素子上の埃が写りこむことがあります。
埃が写りこむ状態になっていても、こうした青空などを撮影しないとなかなか気づかない事があり、
せっかく撮影した写真がだいなしです。

もちろん、デジタル化した事で、パソコンを使って、レタッチなどで修正は出来ますが、
面倒なものです。埃の写りこみに気付いた際には、レンズを外し、ミラー面やミラーを取り説に従い上げた状態にし、
フロン系ガスを強力噴射するダストブロアーを使って吹き飛ばせば、大概の場合には埃の写りこみはなくなります。

それでも駄目なら、カメラメーカーで分解掃除してもらうのが最良でしょう。
愛用のカメラを大切に使い、自分で満足の行くベストショットをものにしたですネ。